月別アーカイブ: 2020年9月

【子犬】2回目の家庭訪問に行ってきました

先週末に4軒のPWさんの家庭訪問に行ってきました。この仔犬達の家庭訪問は2回目となります。

今回の主の課題は、
・Down(伏せること)、Wait(待つこと)、House(ケージに入ること)がどれだけできているか
・トイレトレーニングの状況
・拒食を教える
でした。

Down、Wait、Houseについては、それぞれのPWと仔犬によって進捗や問題点が異なったため、それぞれがより良い方向へ進むようなアドバイスをさせていただきました。

トイレトレーニングについては、月齢(現在約5ヶ月)のことを考えればそろそろ我慢ができるようになってきているはずです。
今までは仔犬がトイレをしたいと思う時に自由にしていましたが、これからはPWさんが頃合いを見計らってトイレに出すようにし、「我慢する」ことを教えてもらいます。

部屋の中でもソファーに座っているPWさんの傍で落ち着いて居れるように習慣づけます。

ブラッシングも大人しく受け入れるように習慣づけます。気持ち良さそうな表情してますね!

「拒食」というのは、他人から手に持った食べ物を差し出されたり、床に落ちている食べ物に興味を示さないことを教えてもらいます。
盲導犬になれば飲食店も一緒に入りますが、そんな時に床に落ちていた食べ物や人が食べこぼしたものに興味を示してはいけませんので、仔犬の頃からそれらに興味を示さないように習慣づけてもらいます。

拒食トレーニングの一幕。バターの香り漂うクッキーをビニール袋で持って差し出してます。

どの仔犬も体重が15kg前後になり、体力もついてきました。
暑かった夏もようやく終わりを告げ、これからは人も犬も外に出るのが気持ちの良い季節になります。

シッポもグイッと上がって、ご機嫌な散歩道での運動中。

新型コロナウイルスのこともあり、人が多く集まるところに連れていくことは難しいですが、そんな中でもできる限り新しい経験を仔犬達に積ませていただけたらと思いますので、PWさんたち、よろしくお願いします!!

では、次回は1ヶ月後の「しつけ教室」でお会いしましょう。

PW担当M

【採用情報】訓練スタッフ募集

いばらき盲導犬協会では、盲導犬訓練士、盲導犬歩行指導員を目指して、当会の訓練担当者の指導のもと一緒に働いてくださる方を若干名募集いたします。体力的にも精神的にも負担が大きく、賃金も高くはない仕事ですので、視覚障害者の自立支援と盲導犬の育成に並々ならぬ熱意がないと務まりませんが、ご関心をお持ちの方は、労働条件や応募条件をこちらからお問い合わせください。