デビューのご報告」カテゴリーアーカイブ

デビューのご報告

去る10月5日、1組のペアが当会から盲導犬/盲導犬使用者としてデビューしました。
前回(今年1月)は代替えの方でしたが、今回は新規、つまり初めて盲導犬を使う方でした。
盲導犬と歩くことで広がる新しい世界を楽しんでいただけたら私ども一同大変嬉しく思います。
もちろん、初めての盲導犬で戸惑うこともたくさんあると思いますが、できる限りのフォローアップをしていきます。

そして今回は、当会としては初めてロービジョン(強弱視)の方への貸与となりました。
わずかに視力は残るものの、単独で歩行できる視力はなく、安全を確保するために盲導犬のサポートが必要/有用と判断いたしました。
当会では今後、必要性/有用性が認められれば、ロービジョンの方々へも積極的に盲導犬を貸与していく考えです。

盲導犬は皆様からの寄付にて育成されています。当会をご支援くださった皆様に心より御礼申し上げます。今後とも変わらぬご支援をいただければありがたく存じます。

【キャリアチェンジ犬】災害救助犬デビュー

先日、盲導犬デビューのご報告をさせていただきましたが、もうひとつ「デビュー」のお知らせです。

当会の盲導犬候補犬で、(特非)日本捜索救助犬協会の会員様のもとへキャリアチェンジした「クレア」が昨年10月(2歳2ヶ月)、JKC災害救助犬認定試験Aに合格し、救助犬1年生となりました。

「捜索はバリバリ得意」というクレア、頼もしい限りです。

捜索中

発見!

吠えて知らせる

「この顔見ると、どうしたって盲導犬にはなれないですよねェ(笑)」とはハンドラーさんの弁ですが、作業に集中している良い顔していますね。そして作業が大好きなことが表情から伝わってきます。これから様々なトレーニングと経験を積んで、立派な救助犬に成長していくんだと思います。頑張ってください!

「キャリアチェンジ犬」とは「盲導犬には向いていなかった」というだけの話で、決して「能力が低い犬」ということではありません。クレアが自身の個性を生かして活躍できる場所を見つけられたことをとても嬉しく思っています。

ハンドラーのT様&クレアちゃん、おめでとうございます。これからの成長も楽しみにしています。

盲導犬「ハティ」がデビューしました

先日、いばらき盲導犬協会から盲導犬「ハティ」がデビューいたしました。
平成30年7月に「いばらき盲導犬協会」と改称し、新体制が発足して初めての盲導犬となります。
2年半の間、あたたかく見守りながらご支援くださった皆様に、心より御礼申し上げます。

ハティが活躍する場所は茨城県ではありませんが、ひたちなか市や水戸市と同じような街並みの地方都市ですので、盲導犬もユーザーさんも茨城の地でおこなったトレーニングを十二分に生かすことのできる環境です。
当会は、今回のように機会をいただければ、県外へも積極的に盲導犬を送り出していきたいと考えています。

今回の盲導犬の育成は、外部から大きなお力添えをいただき実現しました。この場をお借りして関係者の皆様には深く感謝いたします。

今後も盲導犬の安定した供給を目標に、役職員一同努めてまいります。
変わらぬご指導ご鞭撻を、どうぞよろしくお願いいたします。