初めてのご飯

先月産まれた仔犬達ですが、順調に大きくなっています。

先日の家庭訪問では初めての離乳食を与えました。
ラブラドールの仔犬は初めての物でも食べ物であれば受け入れないということはありませんから心配なかったのですが、フードが食べ物と気づいたとたんに旺盛な食欲を見せてくれました。

まだまだお母さんのオッパイをしっかり飲んでいて、やはりお母さんのオッパイのほうが美味しいですから少しフードを残すようなことはあるものの、順調に離乳は進んでいます。
数日後には完全に断乳をしてフード中心の食事に切り替わります。

そして、この可愛い盛りの仔犬達をプロのカメラマンが撮影に来てくれました。
「動物と子供は思う通りにいかない」というのが撮影の定説のようですが、仔犬達の動きに合わせて良いシーンをたくさん撮っていただけたようです。

この写真は今年の7月に水戸市の京成百貨店様で行われるパネル展で飾られる予定ですので、皆さまぜひ誘い合わせて写真の仔犬達に会いに来て下さい!

ご支援ありがとうございました!

頂戴いたしました支援品をご紹介します。

↑ 訓練や委託する犬の頭数が順調に増えてきて足りなくなっていたラブラドールの宝物のひとつである食器をいただきました(*´꒳`*)

茨城町のKO様・YO様ご夫妻からは、犬用の食器を支援していただきました。リクエストにお応えくださり、ありがとうございます。

また、匿名様よりOFUSEを頂戴しました。いつもありがとうございます。

仔犬が生まれたり、パピーウォーカーさんから成長した仔犬たちが次々と帰ってきたりと、慌ただしくなってきました。盲導犬を待ってくださっている希望者の方々のために最善を尽くして参ります。

原子力科学館GWイベント

いばらき盲導犬協会は、5月5日(木・祝)に原子力科学館様のGWイベントに出展いたします。
すでに予約は埋まってしまっていますが、グッズなども置いてありますので、イベントにご来場の際にはお立ち寄りください。

新しい4つの命

麗かな陽気の中、4つの命に出会えました。

今回のお母さん犬は初産でしたが、とても上手に出産することができていました。
最初の赤ちゃんから産まれてすぐに刺激を与えるために体を舐め始め、その後も続く出産の疲れに時々居眠りをしながらも、まめに赤ちゃんの体を綺麗にしたりお尻の世話をしていました。

こまめに赤ちゃん達を舐めています。

赤ちゃん達は「生きる!」という強い意志を全開にしてお母さん犬のおっぱいを吸い、満腹になったら温かいお母さん犬のお腹のところでスヤスヤ眠っています。

どの赤ちゃんも出生児の体重は400g台でとても健康的な様子です。
これから日々どんどん大きくなっっていきますが、また時々成長過程をHPにアップさせていただきますので、楽しみにしていて下さい。

【おまけ】
お母さん犬を排泄に出したり、掃除をしようと赤ちゃん達と離すと、必死の様子ですぐに戻ってきて赤ちゃん達の世話を始めますが、食器にフードを入れる音が聞こえると赤ちゃんそっちのけで待ち姿勢になっているのは、やっぱりラブラドールですね(´-ω-`;)ゞポリポリ

赤ちゃん達のところに入れてアピール( *^艸^)プププ

さっきの勢いはどこへやら… やっぱり、これが1番大事??? (´・ω・`;)ハァー・・・

担当M

ユーザーさんの音楽CD制作へご協力お願いします

盲導犬と歩く栗山龍太氏

当会の盲導犬使用者で、シンガーソングライターとしても活動する栗山龍太氏が、この度、ご自身の音楽CD制作のためのクラウドファウンディングに挑戦しています。盲導犬ユーザーの方々がアクティブに、色々なことにチャレンジする姿が当会としてはとても嬉しく、ここでご紹介させていただくことにしました。期限が4月末までとなっております。多くの方々の更なるご協力をお願いいたします。

盲導犬のブラッシングをする栗山氏

以下、栗山氏からのメッセージです(一部当会にて修正してあります):

—–

これまで私が多くの壁にぶつかりながらも音楽活動を30年余り続けてこられましたのも、ひとえに心ある皆様のお力添えの賜だと感じております。改めて心よりお礼申し上げます。

さてうれしいことに、この度ご縁があって歌手の平原綾香さんをデビュー当時プロデュースされた近藤由紀子さんと知り合い、私自身がプロの著名音楽家との“CD制作”ならびに“ジョイントコンサート”ができるチャンスがめぐってまいりました。

このCDは、学生時代の恩人である全盲の岩本光弘先生が一度は失敗した太平洋横断をリベンジされ、その不撓不屈の精神や強靭なメンタリティー、そしてこの成功体験を一人でも多くの方々に伝えるべく、その講演会のテーマソングを収録した作品となります。

このクラウドファンディングは、栗山龍太作詞作曲「DERAM WEAVER~夢を紡ぐもの」(ギター押尾コータロー)と、“ありがとう”のイメージソング「愛はそばにあるから」(作詞 松井五郎 作曲 都志見隆)のレコーディングからパッケージまでの制作費にあてさせていただきます。

音楽活動を続けるにあたり、人々の琴線に触れ、感動や励ましを与え続けられるような曲を作りたい。そんな思いを胸に、今月末までこのクラウドファンディングに挑戦中です。

なお、ご支援いただいた方へのリターンとしては、上記CD並びに、加藤登紀子さんとのジョイントコンサートのチケットをはじめ他にも様々ご用意しております。

もしよろしければ下記ページをご一読の上、ご支援いただけましたら大変うれしく思います。


—–

国際盲導犬の日

身体障害者補助犬の育成をフードの提供を通して支援してくださる日本ヒルズ・コルゲート株式会社様のSNSでは、国際盲導犬の日(4月27日)にあわせて各盲導犬協会の犬たちが紹介されています。ぜひご覧になってください。

18日は当会のジョバンニが紹介されました!

最近の仔犬と新入生の様子

先日、委託中の仔犬達の1回目の「しつけ教室」を行いました。
生後4ヶ月になりますが、ずいぶん大きくなっていました。

「しつけ教室」という初めての状況に最初は興奮して吠えたり動き回ったりしていましたが、パピーウォーカーさんに扱い方などをアドバイスさせていただき実践していただいているうちに徐々に落ち着きを見せるようになりました。

この距離が限界でした…(´-ω-`;)ゞポリポリ

トイレの間隔も徐々に長くなってきましたし季節も良くなってきますので、どんどん外出を増やして仔犬達の経験値を上げていただく月齢になってきています。

まだまだ新型コロナウイルス感染症に対しては油断ができませんが、しっかり感染予防対策を取っていただきながらも、パピーウォーカーさんにとっても仔犬にとっても有意義な時間を持てることを期待していますので、よろしくお願いいたします!

そして、昨年委託した仔犬達が立派に成長して、今月から続々と入学してきます。

パピーウォーカーさん達の感慨もひとしおかと存じますが、皆さまが仔犬達に注いでいただいたお気持ちを受け止めて、できるだけ盲導犬としてデビューできるように訓練をしていきたいと思います。
ありがとうございました!

担当M

またまた支援品ありがとうございます

【お願い】バスタオルのほか、薄手の毛布やタオルケット、敷きパッドは活用させていただきます。引き続きご支援をお願いいたします。

さて、西東京市のMA様よりタオルと切手をいただきました。ありがとうございます。

3月25日には匿名希望様よりOFUSEを頂戴いたしました。いつもありがとうございます。

いただいたご支援は盲導犬育成のために大切に役立ててまいります。

支援品ありがとうございます

前回に続いて頂戴した支援品の御礼です。

小金井市のYY様からはタオル、切手、おもちゃをいただきました。前回も書きましたが全て必需品で、とても助かります。ありがとうございました。

そして、茨城町のKO様YO様ご夫妻からは当会のリクエストで、大きなぬいぐるみをいただきました。パピーウォーカーさんに委託する前の仔犬たちの育成プログラムで活躍します。「大きな犬のぬいぐるみが欲しい」という当会の奇妙なリクエストにお応えくださり、ありがとうございました。